TOP
突発性難聴とは
病院での治療について
突発性難聴の原因
鍼灸治療シミュレーション
急性低音障害型感音難聴
メニエール病の鍼灸治療
耳鳴りの鍼灸治療
めまいの鍼灸治療
加齢性難聴の鍼灸治療

耳管開放症の鍼灸治療
外リンパ瘻の鍼灸治療
急性音響性外傷の鍼灸治療
ムンプス難聴の鍼灸治療
機能性難聴の鍼灸治療
聴神経腫瘍による難聴の鍼灸治療
ステロイド依存性感音難聴の鍼灸治療
遅発性内リンパ水腫の鍼灸治療
遅発性内リンパ水腫の鍼灸治療
若年発症型両側性感音難聴の鍼灸治療
若年発症型両側性感音難聴の鍼灸治療
突発性難聴等の前駆症状の鍼灸治療
突発性難聴等の前駆症状の鍼灸治療
突発性難聴等の後遺症の鍼灸治療
突発性難聴等の後遺症の鍼灸治療
中耳炎内耳炎難聴の鍼灸治療
中耳炎内耳炎難聴の鍼灸治療
耳管狭窄症の鍼灸治療
耳管狭窄症の鍼灸治療
耳硬化症の鍼灸治療
耳硬化症の鍼灸治療
耳鳴りヘッドケア
耳鳴りヘッドケア
耳の治療法集中漸減療法
アクアウォーキング鍼灸療法
耳鳴り記録フォーム(PDF)
突発性難聴の健常化例
newネットワーク治療成績
ネットワーク治療実績
[2003-2005年]
突難ハリネットBBS
喜びのお声 new
耳鳴り不眠解消ライブラリー
著書の紹介
メディア記事 NEW
よくあるご質問とお答え
ご注意いただきたいこと
飛行機、新幹線のご注意
めまいの方に
避けて頂きたい行動
突然聞こえなくなったら
ネットワーク所在地
リンク
一掌堂治療院の
治療時間/料金
お問い合わせ


突発性難聴ハリ治療
ネットワーク本部

一掌堂治療院
東京都港区新橋
2-10-5-5F
03-3591-0505
(予約制)




現在の閲覧者数:

突発性難聴ハリ治療ネットワーク

突発性難聴ハリ治療ネットワーク

こころとからだ

突発性難聴ハリ治療ネットワーク

突発性難聴 (突難) で苦しむ人をひとりでも減らすこと。
それが私たちの願いです!

2004.01.01

突発性難聴でお悩みの方々が、全国どこでも、安心して、効果の高い鍼灸治療を、早期に受けることが出来るように、「突発性難聴ハリ治療ネットワーク」を立ち上げました。

 出版のお知らせ 

当ネットワーク代表(一掌堂治療院院長)の藤井徳治が新刊を出版しました。

難聴・耳鳴り・めまいを改善!
『耳は「首押し」で9割ラクになる!』
(河出書房新社)

2976例の難聴等の健常化の実績と35年の難聴治療の経験をもとに「自力ケア」に焦点を当 ててまとめました。一掌堂治療院オリジナルの「V字筋ケア」、難聴かなと思ったときの 自己チェック法、日常生活の注意点などすぐに役立つ情報をぎゅっと詰め込んだ一冊です。


突発性難聴等の後遺症の鍼灸治療

難聴の方であっても、主訴(一番つらい症状)はほとんどが、耳鳴りや、耳閉感、音割れ 響き、自声強聴、めまいなど難聴以外の症状です。突発性難聴等の後遺症とは、これらの症状が、難聴回復後に残り不快を感じる状態のことを言います。病院では、聴力が回復することをもって完治とされますが、患者さんにとっては、辛い症状が解消することをもって完治とされますので、難聴が完治しても、辛い症状が消えなければ完治とは思えないと言われます。もっと読む。。。


中耳炎内耳炎難聴の鍼灸治療

中耳炎や内耳炎により起こる難聴のことです。もっと読む。。。


耳管狭窄症の鍼灸治療

耳管狭窄症とは、耳管が狭くなり、耳がふさがった感じがする病気です。耳がキーとすることもあります。自分の声が響いて聞こえることもあり、聞こえにくいこともあります。一旦起こった症状が、つばを飲み込んでもあくびをしても解消されずにずっと続く状態です。もっと読む。。。


耳硬化症の鍼灸治療

耳硬化症はベートーベンの難聴として良く知られている、伝音性難聴(音がうまく伝わらない為の難聴)の代表的な疾患です。鼓膜の奥の3つの耳小骨の一番奥で一番小さいあぶみ骨が、内耳の内耳窓との間に骨のような組織(耳硬化症性骨組織)ができて、硬化して動かなくなることで発症します。難聴と耳鳴りが主な症状です。感音性難聴と違い、伝音声難聴ですので、補聴器が有効です。もっと読む。。。


平成23年 突発性難聴ハリ治療ネットワーク実績平成30年 突発性難聴ハリ治療ネットワーク実績平成23年 突発性難聴ハリ治療ネットワーク実績

○本年度の健常化は210例に!
平成29年12月から平成30年11月までの1年間に、突発性難聴ハリ治療ネットワークの治療院でハリ治療を受けて健常化(元の正常な状態に戻ること)に至った突発性難聴等の症例は210例に達し、8年連続で200例を超えました。本年度も「集中漸減療法」によって、できるだけ少ない治療回数でできるだけ高い治療効果を上げる治療を実現しました。これは病院のステロイドパルス療法にヒントを得て開発した治療法で、1日目は4回、2日目は3回、3日目は2回、4日目は1回のハリ治療を行うものです。以後は1回か2回の治療をします。ハリ治療は1日に1回という従来の考え方にとらわれない「集中漸減療法」によって、これまでは治らなかった重症例においても治る例が出てきています。

○集中治療効果が顕著だった症例
ドイツから帰国して突発性難聴のハリ治療を受けた28歳の患者さんは、発症後22日目で1日4回の集中治療から始めて31回の治療で健常化に至りました。イタリアから帰国した69歳の患者さんは、発症後1年1ヶ月目で1日4回の集中治療から始めて6回の治療で健常化に至りました。国内ではさらに集中した治療によって健常化した症例もあります。発症後3か月が経過していた青森県の14歳の中学生は、3日間、毎日5回のハリ治療を受け、地元に帰って病院で検査を受けたところ健常化していました。発症後9日目の香川県の17歳の高校生は、1日6回の集中治療を含めた16回の治療で健常化に至りました。

○健常化の61.4%は1日3回以上の集中治療で
遠方から来られる患者さんは「集中漸減療法」を希望されることが多く、発症後の経過や症状において難しい条件があっても健常化に至る例が多くあります。本年度の集中治療による健常化例は、1日目6回から始めた場合で1例、1日目5回から始めた場合で4例、1日目4回から始めた場合で77例、1日目3回から始めた場合で47例、合計129例に上り、健常化例全体の61.4%を占めます。また、1日だけの治療で健常化した例がこの1年で22例あり、これは全健常化例全体の10.5%です。10年前の実績では1日だけで健常化した例は8例でしたから、「集中漸減療法」の大きな効果が見てとれます。  もちろん、状況や患者さんのご希望によっては「集中漸減療法」を行わない場合もあり、1週間に1回、もしくは2回といったペースで治療をする場合もあります。

○「めまい」にもアクアウォーキング療法が有効
本年度の特徴として、めまいを伴う症例が多くあり、スマホの普及との因果関係が懸念されます。 また、今までほとんどなかった聴神経腫瘍の症例も見られ、携帯等の電磁波の影響も危惧されているようです。今年も「めまい防止カード」を全ての治療室に用意し、起き上がり時のめまい発生の防止に役立てました。めまいのリスクがあるときは頭部を冷却すれば有効とわかり、クールパックの用意をして治療に臨みました。また、めまいにもアクアウォーキング療法の有効性があることがわかったので、これもお勧めしています。

○北海道に突発性難聴ハリ治療ネットワーク誕生
加えて、今年は念願の北海道に突発性難聴ハリ治療ネットワークが誕生しました。これで本州、北海道、四国、九州に「突発性難聴ハリ治療ネットワーク」が広がりました。

 
平成23年 突発性難聴ハリ治療ネットワーク実績 北海道の札幌にもネットワーク誕生 平成23年 突発性難聴ハリ治療ネットワーク実績

北海道 札幌に念願のネットワークが誕生しました。

 
平成23年 突発性難聴ハリ治療ネットワーク実績 広島県の福山にもネットワーク誕生 平成23年 突発性難聴ハリ治療ネットワーク実績

松本先生は視覚障害のため施術方法が少し違いますが、一掌堂治療院監修の施術方法です。

 
 ベトナムにも待望のネットワーク誕生 

待望のベトナムのホーチミン市にネットワークが誕生しました。

 

アクアウォーキング鍼灸療法

アクアウォーキング鍼灸療法とは、毎日大量の水を飲み、毎日3km 約40分のウォーキングをしながら鍼灸治療を受ける療法で、内耳に溜まったリンパ液を排出することにより、耳鳴りや難聴、耳閉感、音われ、響き、めまいの解消を図る方法です。

ヒントはある患者さんの「大量に水を飲んだらその後耳鳴りが小さくなった。なぜでしょうか」というご質問でした。

もっと読む。。。

アクア鍼灸療法

突発性難聴ハリ治療ネットワーク
治療実績 (2019年6月30日現在

 突発性難聴の健常化例 1650
以上 1650例のうち
発症後 3週間以内 1201例
発症後 3週間以上2ヶ月以内  308例
発症後 2ヶ月以上  141例
● 突発性難聴後の後遺症(耳鳴り) 110例
● 突発性難聴後の後遺症(音割れ、響き、耳閉感、めまいなど) 149例
● メニエール病 166例
● ストレス性難聴 591例
● 急性音響性外傷 29例
● 中耳炎/内耳炎難聴 33例
● 遅発性内リンパ水腫 4例
● 手術後の難聴 1例
● 免疫異常に関連する難聴 1例
● ステロイド依存性難聴 6例
● 耳管機能不全症 7例
● 突難等前駆症状 274例
● 聴神経腫瘍難聴 1例
● 外リンパ瘻 2例
● ウイルス性難聴 3例
● 加齢に伴う難聴 5例
● 機能性難聴(心因性難聴) 6例
 全 3038例
(突発性難聴+その他疾患・症状)

※ データの集計開始は2003年です。
「前駆症状」のみ2007年より集計。
詳しくは、こちらのページよりご覧下さい。
(2018年度分までの健常化例データ集計です)

「突発性難聴ハリ治療ネットワーク 治療成績」


突発性難聴に限定した資料はこちらです。
オージオグラムの参考例などもご覧いただけます。

「突発性難聴健常化例一覧」

ご挨拶と設立の目的

ネットワーク代表 一掌堂治療院 院長 藤井徳治は、難聴の治療歴30年。自身の患者歴は40年になります。治療者であり、患者でもあるという経験を元に、痛みがなく、気持ちが良く、効果が高い突発性難聴(通称・突難)のハリ治療を模索してきました。

2003年10月から、本格的に患者さんへの突難ハリ治療を開始し、2018年11月末現在の健常化例は2951例になっています。
薬が使えない妊娠中、授乳中の方の健常化例もあります。東京近郊からだけでなく全国からお問合せがあり、なんとか突難を改善したいと海外からもお見えになる方がいらっしゃいます。

この疾患は早期治療がカギだといわれています。お住まいの近くで効果の高いハリ治療を行う治療院があれば、安心して早期に鍼灸治療を始めることが出来ます。

そこで、「突発性難聴ハリ治療ネットワーク」を設立しました。まだ立ち上げたばかりでじゅうぶんな広がりを持つには時間がかかりそうですが、ネットワークにご参加いただいているいずれの治療院も、真剣に突発性難聴のハリ治療に取り組んでいます。


このネットワークの目標

「突発性難聴の鍼灸治療について情報交換と研鑽を重ね、より良い治療法を開発し、その治療を安心して受けていただける環境を整えて、突難で苦しむ人を一人でも減らすこと」

突発性難聴ハリ治療ネットワーク
代表

一掌堂治療院 院長
藤井 徳治
突発性難聴ハリ治療ネットワーク主任 一掌堂治療院 院長 藤井徳治
 

border
突発性難聴ハリ治療ネットワーク. all rights reserved.