TOP
突発性難聴とは
病院での治療について
突発性難聴の原因
鍼灸治療シミュレーション
急性低音障害型感音難聴
メニエール病の鍼灸治療
耳鳴りの鍼灸治療
めまいの鍼灸治療
加齢性難聴の鍼灸治療

耳管開放症の鍼灸治療
外リンパ瘻の鍼灸治療
急性音響性外傷の鍼灸治療
ムンプス難聴の鍼灸治療
機能性難聴の鍼灸治療
聴神経腫瘍による難聴の鍼灸治療
ステロイド依存性感音難聴の鍼灸治療
遅発性内リンパ水腫の鍼灸治療
遅発性内リンパ水腫の鍼灸治療
若年発症型両側性感音難聴の鍼灸治療
若年発症型両側性感音難聴の鍼灸治療
突発性難聴等の前駆症状の鍼灸治療
突発性難聴等の前駆症状の鍼灸治療
突発性難聴等の後遺症の鍼灸治療
突発性難聴等の後遺症の鍼灸治療
中耳炎内耳炎難聴の鍼灸治療
中耳炎内耳炎難聴の鍼灸治療
耳管狭窄症の鍼灸治療
耳管狭窄症の鍼灸治療
耳硬化症の鍼灸治療
耳硬化症の鍼灸治療
耳の治療法集中漸減療法
アクアウォーキング鍼灸療法
耳鳴り記録フォーム(PDF)
突発性難聴の健常化例
newネットワーク治療成績
ネットワーク治療実績
[2003-2005年]
突難ハリネットBBS
喜びのお声 new
耳鳴り不眠解消ライブラリー
著書の紹介
メディア記事 NEW
よくあるご質問とお答え
ご注意いただきたいこと
飛行機、新幹線のご注意
めまいの方に
避けて頂きたい行動
突然聞こえなくなったら
ネットワーク所在地
リンク
一掌堂治療院の
治療時間/料金
お問い合わせ


突発性難聴ハリ治療
ネットワーク本部

一掌堂治療院
東京都港区新橋
2-10-5-5F
03-3591-0505
(予約制)




現在の閲覧者数:

突発性難聴ハリ治療ネットワーク

突発性難聴ハリ治療ネットワーク

こころとからだ

中耳炎内耳炎難聴の鍼灸治療

どんな病気?

中耳炎や内耳炎により起こる難聴のことです。

中耳炎
 

子どもの9割が小学校に入学する前に一度は罹ると言われるほど多い病気です。風邪などの肺炎球菌やインフルエンザ菌やインフルエンザウイルスが耳と鼻をつなぐ耳管から鼓膜の奥の中耳に入り込み、炎症を起こすことにより発症します。飛行機の気圧差で起きる中耳炎は航空性中耳炎と言われます。慢性化して膿がたまると滲出性中耳炎になります。

また、中耳炎を繰り返すと一部の上皮組織が球状に増えて耳の周りの骨を破壊して真珠のように見える真珠腫性中耳炎になることもあります。ものまねタレントのコロッケさんが真珠腫性中耳炎のため右耳の聴力をほとんど失われたそうです。中耳炎の症状は激しい耳の痛みと耳だれが特徴です。繰り返したり、良く治さなく放置すると難聴になることもあり、 慢性中耳炎に難聴は良く見られます。中耳炎の難聴は伝音性難聴で、気導聴力は落ちますが骨導聴力は正常のことが多いです。

内耳炎
  中耳炎が内耳に炎症を広げると内耳炎になることがあります。その他髄膜炎の炎症が内耳に広がって内耳炎になることもあります。ヘルペスウイルスが血液を介して内耳に運ばれ発症することもあります。症状は感音性難聴とふらつきやめまいが伴うこともあります。内耳障害の特徴です。感音性難聴ですので、気導聴力も骨導聴力も落ちます。

病院の治療は?

急性のばあい、抗菌薬を処方されます。膿がたまっている場合は鼓膜を一部切開してたまった膿を出すこともあります。中耳炎を繰り返すと鼓膜が破れやすくなり、耳だれが増える慢性中耳炎になります。鼓膜の穴が閉じなくなり鼓膜を再建する手術をすることもあります。
真珠腫性中耳炎には手術療法が根治療法とされています。

鍼灸の適応は?

中耳炎の痛みや耳だれで鍼灸院(当院)に来られることは稀で、鍼灸院に来られる方は難聴や耳鳴りの主訴で来られます。内耳炎の難聴は感音性難聴の為困難なケースがあるようですが、発症後の経過日数が少ない場合は、突発性難聴や急性低音障害型難聴やメニエール病の早期と同じように鍼灸治療が適応します。18年11月末現在 32例の健常化例があります。

 

突発性難聴等の後遺症の鍼灸治療 耳管狭窄症の鍼灸治療 TOPに戻る
border
突発性難聴ハリ治療ネットワーク. all rights reserved.