TOP
突発性難聴とは
病院での治療について
突発性難聴の原因
鍼灸治療シミュレーション
急性低音障害型感音難聴
メニエール病の鍼灸治療
耳鳴りの鍼灸治療
めまいの鍼灸治療
加齢性難聴の鍼灸治療

耳管開放症の鍼灸治療
外リンパ瘻の鍼灸治療
急性音響性外傷の鍼灸治療
ムンプス難聴の鍼灸治療
ムンプス難聴の鍼灸治療
機能性難聴の鍼灸治療
機能性難聴の鍼灸治療
聴神経腫瘍による難聴の鍼灸治療
聴神経腫瘍による難聴の鍼灸治療
ステロイド依存性感音難聴の鍼灸治療
ステロイド依存性感音難聴の鍼灸治療
遅発性内リンパ水腫の鍼灸治療
遅発性内リンパ水腫の鍼灸治療
耳の治療法集中漸減療法
アクアウォーキング鍼灸療法
耳鳴り記録フォーム(PDF)
突発性難聴の健常化例
newネットワーク治療成績
ネットワーク治療実績
[2003-2005年]
突難ハリネットBBS
喜びのお声 new
耳鳴り不眠解消ライブラリー
著書の紹介
メディア記事 NEW
よくあるご質問とお答え
ご注意いただきたいこと
飛行機、新幹線のご注意
めまいの方に
避けて頂きたい行動
突然聞こえなくなったら
ネットワーク所在地
リンク
一掌堂治療院の
治療時間/料金
お問い合わせ


突発性難聴ハリ治療
ネットワーク本部

一掌堂治療院
東京都港区新橋
2-10-5-5F
03-3591-0505
(予約制)




現在の閲覧者数:

突発性難聴ハリ治療ネットワーク

突発性難聴ハリ治療ネットワーク

こころとからだ

急性音響性外傷の鍼灸治療

ソニーのウォークマンによる難聴が社会問題になったことがあります。今も、ライブやコンサートによる難聴、ヘッドホン難聴、インカム難聴などがあり。これらは、急性音響性難聴と呼ばれています。慢性の音響性難聴は騒音性難聴とも呼ばれます。

急性音響性難聴って何?

定義
  強力な音波によって内耳の蝸牛が障害を受け難聴などが生じる聴覚機構の損傷を受けることです。原因となって起こった音の聴取の可否に関する閾値の上昇(聴力の低下)が、たとえ一部の周波数であっても、正常聴力と比べて21dB以上上昇したまま回復しない状態のことを言います。
狭義の音響性外傷
  瞬間的あるいは極めて短い時間、瞬間的に聴覚が障害される。爆発音、銃器
爆竹、エアーバッグなどが原因で130dB以上の音による 。
広義の音響性外傷
  100〜120dB程度の数分〜数時間程度の強大音暴露による。        
ライブ難聴、コンサート難聴、ヘッドホン難聴、インカム難聴などです。
臨床的特徴
  若い層に多い。        
耳栓やイヤーマフなどの防音保護具により音を減弱させることが予防につながります。
聴力検査表(オージオグラム)で、4000Hz近くだけV字型に聴力が低下する4000Hzdipの特徴があります 。
音の生体への影響
  (日本耳鼻咽喉科学会産業 環境保健委員会作成)
騒音レベル 生体への影響
30〜50dB 心理的影響
65〜85dB 心理的影響
生理機能に及ぼす影響
85〜120dB 心理的影響
生理機能に及ぼす影響
内耳障害
120〜 高度内耳障害

病院での治療

有効な治療方法は確立されていないとされています。軽度の障害は投薬治療により軽快することがあるとされています。軽度の障害に対してはステロイドの効果があったが、音響障害が大きい場合は効果がなかったという報告もあります。(慢性の騒音性難聴の治療効果は確かめられていないとされています。)

急性音響性外傷の鍼灸治療

早期に鍼灸治療を開始することにより回復する例も多いです。治療法は突発性難聴の鍼灸治療に準じます。健常化例は28例です。(平成30年10月末)

 

外リンパ瘻の鍼灸治療 ムンプス難聴の鍼灸治療 TOPに戻る
border
突発性難聴ハリ治療ネットワーク. all rights reserved.