TOP
突発性難聴とは
病院での治療について
突発性難聴の原因
鍼灸治療シミュレーション
急性低音障害型感音難聴
メニエール病の鍼灸治療
耳鳴りの鍼灸治療
めまいの鍼灸治療
加齢性難聴の鍼灸治療

耳管開放症の鍼灸治療
外リンパ瘻の鍼灸治療
急性音響性外傷の鍼灸治療
ムンプス難聴の鍼灸治療
機能性難聴の鍼灸治療
聴神経腫瘍による難聴の鍼灸治療
ステロイド依存性感音難聴の鍼灸治療
遅発性内リンパ水腫の鍼灸治療
遅発性内リンパ水腫の鍼灸治療
若年発症型両側性感音難聴の鍼灸治療
若年発症型両側性感音難聴の鍼灸治療
突発性難聴等の前駆症状の鍼灸治療
突発性難聴等の前駆症状の鍼灸治療
突発性難聴等の後遺症の鍼灸治療
突発性難聴等の後遺症の鍼灸治療
中耳炎内耳炎難聴の鍼灸治療
中耳炎内耳炎難聴の鍼灸治療
耳管狭窄症の鍼灸治療
耳管狭窄症の鍼灸治療
耳硬化症の鍼灸治療
耳硬化症の鍼灸治療
耳鳴りヘッドケア
耳鳴りヘッドケア
耳の治療法集中漸減療法
アクアウォーキング鍼灸療法
耳鳴り記録フォーム(PDF)
突発性難聴の健常化例
newネットワーク治療成績
ネットワーク治療実績
[2003-2005年]
突難ハリネットBBS
喜びのお声 new
耳鳴り不眠解消ライブラリー
著書の紹介
メディア記事 NEW
よくあるご質問とお答え
ご注意いただきたいこと
飛行機、新幹線のご注意
めまいの方に
避けて頂きたい行動
突然聞こえなくなったら
ネットワーク所在地
リンク
一掌堂治療院の
治療時間/料金
お問い合わせ


突発性難聴ハリ治療
ネットワーク本部

一掌堂治療院
東京都港区新橋
2-10-5-5F
03-3591-0505
(予約制)




現在の閲覧者数:

突発性難聴ハリ治療ネットワーク

突発性難聴ハリ治療ネットワーク

こころとからだ

自分で出来る
突発性難聴救急法
1.突発性難聴 救急V字筋ケア
2.突発性難聴 救急内耳ケア
3・突発性難聴 救急五点灸
4.突発性難聴 救急円皮鍼
ここでご紹介するのは、「突発性難聴ハリ治療ネットワーク」での再発予防プログラムにて、実際の患者さん方に実施いただいている方法です。
みなさまの突発性難聴の初期治療に、また再発予防にもご利用ください。



◆◇◆ 突発性難聴 救急V字筋ケア ◆◇◆
※ V字筋ケアとは、胸鎖乳突筋もみほぐしのことです。
1.仰向けに寝る
2.首を患部と反対側に少しねじる
3.首の側面に斜めに浮き出るのが、胸鎖乳突筋
4.患側の手の親指を胸鎖乳突筋の後縁に置く
5.鼻から3秒息を吸う
6.2秒間息を止める
7.口から静かに息を吐きながら軽く押す(10秒くらいで、ゆっくり押す)
8.耳の近くから胸に向かい、胸鎖乳突筋の後縁を5箇所押す
9.以上の手順を1〜3回繰り返す



◆◇◆ 突発性難聴 救急内耳ケア ◆◇◆
1.擦る

30往復
両方の耳たぶを、人差し指と中指で軽くはさみ、上下に擦る。
耳の下の部分も同時に擦る。
2.揉む

30秒
耳たぶを親指と人差し指で軽くつまみ、揉む。
下からリズミカルに揉み上げる。
3.震わす

30秒
外耳道(耳の穴)に人差し指を軽く差し入れ、
手首を前後に、軽快にすばやくリズミカルに震わす。
4.弾く

30回
両耳たぶを、両手の親指以外の4指で、後ろから前に
ポンと音がするように弾く。


※ V字筋、内耳ケアは一日一回以上。何回でもOKです。
 



◆◇◆ 突発性難聴 救急五点灸 ◆◇◆
突発性難聴の急所、手のツボ5点に温灸をする

※ ドラッグストアなどで一般に市販されている「せんねん灸」などで可。
ネットワーク本部(一掌堂治療院)では、「長生灸」「ロケット灸」を使用。

※ 施灸は、お風呂あがり以外はいつでもOKです。



◆◇◆ 突発性難聴 救急円皮鍼 ◆◇◆
チタンテープをつけた円皮鍼を、突難1号というツボ(下図参照)に貼る。
※ 円皮鍼(えんぴしん)とは?
シールのついたごく小さな鍼を皮膚に貼り付ける方法で、ご家庭で安全にできる鍼です。  東洋医学の専門家の指導に基づきご使用いただければ、副作用の少ない安全な鍼治療をご自分で実践することが可能です。

※ 以上の救急法を何回か試しても無効の場合は、速やかに病院や鍼灸院に行って下さい。

「突然聞こえなくなったら」 のページに戻る TOPに戻る
border
突発性難聴ハリ治療ネットワーク. all rights reserved.