TOP
突発性難聴とは
病院での治療について
突発性難聴の原因
鍼灸治療シミュレーション
耳の治療法集中漸減療法
急性低音障害型感音難聴
アクアウォーキング鍼灸療法
耳鳴りの鍼灸治療
めまいの鍼灸治療
メニエール病の鍼灸治療
耳鳴り記録フォーム(PDF)
突発性難聴の健常化例
newネットワーク治療成績
ネットワーク治療実績
[2003-2005年]
突難ハリネットBBS
喜びのお声 new
耳鳴り不眠解消ライブラリー
著書の紹介
メディア記事 NEW
よくあるご質問とお答え
ご注意いただきたいこと
突然聞こえなくなったら
ネットワーク所在地
リンク
一掌堂治療院の
治療時間/料金
お問い合わせ


突発性難聴ハリ治療
ネットワーク本部

一掌堂治療院
東京都港区新橋
2-10-5-5F
03-3591-0505
(予約制)




現在の閲覧者数:

突発性難聴ハリ治療ネットワーク

突発性難聴ハリ治療ネットワーク

こころとからだ

突発性難聴の原因

ネットワークでは、内耳の循環障害により、突発性難聴が起こると考えます。
突発性難聴の患者さんを診ると、皆さん胸鎖乳突筋(下図参照)が非常に緊張しています。ネットワークではここに原因を探っています。突発性難聴の原因は、胸鎖乳突筋の緊張による内耳の循環障害であるという見方です。
胸鎖乳突筋という筋肉は、上図のように首を斜めに走っています。この筋肉が常に緊張していると、あたかも首を絞められているような格好になります。ちょうど柔道の締め技をかけられているような状態です。それが、その筋肉のすぐ上にある内耳への血行を阻害しているのではないかと考えます。
例えば、水が流れているゴムホースを足で踏むと、水が流れにくくなります。そのような状態が耳の周囲で起こっていると考えます。ホースから踏んでいる足を離すとまた水が流れるように、耳の周囲の血液循環を解消しようという考えです。

内耳へは血管が一本しか通っていないので、足などのように血管のバイパスがありません。だから胸鎖乳突筋の緊張により、血液循環障害が起きやすいのです。

胸鎖乳突筋の緊張の原因は、ストレス、過労、姿勢の悪さ、作業環境とのミスマッチなどと考えられます。


病院の治療 治療シュミレーション TOPに戻る
border
突発性難聴ハリ治療ネットワーク. all rights reserved.